業務効率アップの必需品!飲食POSレジを導入すればメリット豊富!

SITEMAP
タブレットとお金

メニューのオプションが多い飲食店はPOSレジを導入しよう!

レジのキー

飲食店において、お客さん自身がメニューのカスタマイズ可能なオプションの多さで注文業務は煩雑化してしまいます。硬さや味の濃さ、焼き加減、追加トッピングを全て聞き取り注文で対応するには限界があります。また、注文の聞き漏らし、聞き間違いさらには何度も聞き直すことで業務効率化が大きく低下してしまいます。そんな問題の解決に飲食POSレジを導入してみませんか?
POSレジの強みは、1つのメニュー注文にオプション追加された情報も一元管理できます。作業もタッチ式になるだけでなく、お客さん自身がタッチパネルでセルフオーダーする方式なら注文ミスや聞き漏らしといったことがなくなります。また、これまで対応することができなかったオプションの幅も広げられ、厨房ではその情報を確認するだけと調理効率も大きく上昇します。また、お客さん自身が頼んだ注文内容を再確認できるのもPOSレジの強みです。さらにPOSレジを活用することで、メニュー以外のサービス提供も容易になります。食器類の追加、お冷やお茶の追加も客席に設置したタブレット端末で注文でき、繁忙時間帯でスタッフが捕まえられないといったことも解消され、顧客満足度を高めることができます。より効率的かつお客さんに充実したサービスを提供するなら飲食POSレジを導入してみませんか?

新着情報